顎ライン ニキビ

顎のラインのニキビ・原因と治し方

顎ラインのニキビの原因

 

ニキビにも様々な種類、そして原因があります。

 

Uゾーンと呼ばれる顎のラインは、
ニキビが特にできやすい部分となっています。

 

なぜ顎ライン周辺にニキビができやすいのでしょうか。

 

原因1:乾燥

顎ラインのニキビの原因でもっとも多いのが、乾燥です。

 

顎ラインはスキンケアが行き届かない場合も多く、
また顔の中でも端部にあるために乾燥しやすい、という特徴があります。

 

原因2:皮脂

そしてもう一つの原因として、皮脂の分泌量が多い箇所なためです。

 

一見皮脂の分泌が多いということは乾燥しにくいと考えられがちですが、
この二つは対極にあるというわけではありません。

 

脂性肌と乾燥肌、二つの肌トラブルを併せ持っている人がいます。
いわゆる、混合肌の症状です。

 

皮脂が過剰に分泌されることによって毛穴が詰まりやすくなってしまい、
結果として顎ラインにニキビの発症を促すこととなります。

 

原因3:ホルモンバランスの乱れ等

これらの原因を引き起こしてしまう要因には、
ストレスや食生活、その他睡眠不足やホルモンバランスの乱れなどが考えられます。

 

そのため適切なケアを行う場合、
まずは根本となっている要因の解決から目指してみましょう。

 

スキンケアを行う場合も皮脂を過剰に洗浄してしまったりせず、
適切な治し方を実践するようにして下さい。

 

顎ラインのニキビの治し方

 

顎ラインのニキビのもっとも効果的な治し方は、
洗顔をしっかりすることです。

 

ここで、顎ラインのニキビが気になる人の中にはとにかく小まめに洗顔をして、
皮脂を洗い流すことをまるで「使命」のように頑張る人がいます。

 

しかし、結果としてこのやり過ぎる洗顔というのは、
事態を悪化させることになってしまいます。

 

それどころか顎ラインのニキビが、
繰り返し再発してしまいやすいお肌を作り上げてしまう事になります。

 

皮脂は本来、適度にあることが必要です。

 

洗いすぎてしまうと、肌は乾燥から皮膚内部を守るために、
皮脂を過剰に分泌することになります。

 

洗えば洗うほど、皮脂の分泌を促すので、
顎ラインのニキビは良くなることはありません。

 

クレンジングフォームなどを使って洗顔をするのであれば、
せいぜい朝晩2回までにとどめておきましょう。

 

そして、洗顔する際にはたっぷりの泡で、
直接皮膚に手の平や指先が当たらなようにすることが大切です。

 

そして、洗顔料をしっかりとすすぐことも大切です。

 

このすすぎがしっかりできていないと、
洗顔こそ顎ラインのニキビの原因になってしまうんですよ。

 

何事にも、適度というものがあります。

 

洗顔も、クレンジングフォームなどを使うのであれば朝晩2回まで。
ぬるま湯洗顔の場合でも、せいぜい一日3回までに留めるようにしましょう。